リセマラするときのスマホの負担を避ける方法とは?

スマートフォンを使っているイラスト スマホゲーム

スマホゲーでソシャゲをやるときは、最初にできるだけリセマラをしたいですよね。

普通に課金してガチャをやると何千円も課金しないと出ないようなレア度の高いキャラをリセマラなら無料で手に入れることができます。

最初からこのキャラが欲しいというキャラがいる場合も、最初ならリセマラでそのキャラをピンポイントに狙うことができます。

リセマラはスマホに負担がかかる

しかしリセマラをすると何回もゲームをインストールして消してダウンロードしてまた消してっていうのを永遠と繰り返します。

スマホが大容量の通信をする時に、WiFi通信でバッテリーを消耗しますので、スマホに負担がかかります。

充電しながらリセマラをするというはバッテリーに大きな負担がかかりますし、バッテリーが膨張とか爆発とかしないか不安ですので充電しながらリセマラはまずいですね。

リセマラ中は充電しないほうがよいのですが、大量の通信をするとバッテリーを消費するので、ダウンロードしては充電の繰り返しになり、スマホに負担がかかるのです。

リセマラ時のスマホの負荷を避けるには?

この負荷を避けるには、リセマラ用のスマホを手に入れるのがおすすめです。

リセマラをずっとやってると、バッテリーが劣化してしまうことがありますので、中古スマホをリセマラ専用で用意するのがおすすめというわけです。

iPhoneやギャラクシー、Pixelのような高級スマホでリセマラをするのはオススメできません。

なんといってもマラソンですからね。。マラソンで走ることになるのはスマホなわけです。

毎日リセマラしてると、数カ月後に「なんだか電池の減りが早い気がする」なんてことになりかねませんので、高級スマホでリセマラはしないようにしましょう。

リセマラ用スマホの入手方法

リセマラ用のスマホを手に入れるためには、ヤフオクやメルカリで落札するのがおすすめです。

いくら安いモデルでも現行モデルの新品のスマホでリセマラをするのはよろしくないですよね。

ということで、お値段重視で古い中古スマホを入手して、リセマラ用に使うのです。

単にリセマラするだけならかなり古いスマホでも問題なくできるでしょう。

リセマラ用スマホを選ぶときの注意点

リセマラ用のスマホを選ぶときは、中古のスマホをできるだけ安く買おうと思うはずです。

しかしお値段重視になると古いスマホを検討することになりますので、OSバージョンとストレージ容量に注意が必要です。

OSバージョン

ゲームのアプリにはそれぞれ動作環境が決まっていて、OSバージョンが古すぎるとインストールできないことがあります。

たとえば2019年10月現在では、 モンストは最低 Android4.3.0以上が必須環境なので、Android4.4ならプレイできます。

パズドラの場合は最低Android4.4以上となるようで、Android4.4の端末は結構多いのですが、今後大きなアップデートがあると推奨端末から外れてしまうかもしれません。

そのほか人気アプリのシャドウバースやプリコネもAndroid4.4以上が必須環境です。

現状はAndroid4.4があればいろんなアプリがインストールできますが、最低ラインなので今後のアップデートでプレイできなくなる可能性があります。

使っているスマホがインストールしたいアプリのOSバージョンの条件を満たさなくなると、Playストアでアプリを検索しても検索結果に表示されない!ということになってしまいます。

Androidの場合はその後のアップデートでAndroid5.1を搭載したモデルが多いですが、Android5.1ならしばらくは幅広いタイトルのアプリでリセマラができるでしょう。

ストレージ容量

もうひとつ注意したいのがストレージ容量です。

容量が小さすぎると最近のゲームがインストールできない可能性があり、非常に古いスマホだと、ストレージ8GBとかになっていることがあるのです。

リセマラをするアプリがインストールできるストレージが必要なので、最低でも16GBはあったほうが安心です。

できれば、ストレージ32GBあるスマホならより安心ですね。

2,000~3,000円で手に入るおすすめリセマラ用スマホ(Android)

お値段重視で中古のリセマラ専用スマホを手に入れるなら、どんな機種がよいのでしょうか?

メルカリやヤフオクで買うのを想定して、2,000~3,000円で手に入る中古スマホを紹介します。

au KYV37(京セラ)…1,500~2,000円ぐらい

auの防水スマホ京セラのKYV37はヤフオクやメルカリなどでは中古品が非常に安く取引されています。

この機種は価格ドットコムのレビュー欄で非常に酷評されており、評価が5.0満点で2.0ぐらいでした。

動きが非常にもっさりしているということで使い勝手が最悪で、私も実際に使ったことがありますが頻繁にフリーズするのですぐに売り払いました。

本体はとても軽くて持ちやすかったし防水もあったのでその点はよかったのですが、、。

しかしとにかく中古価格が安いのでリセマラ用としてはよい選択しかもしれませんね。

au LGL22 (LG)…2,500円ぐらい

かなり古いモデルですがLGのisai LGL22というモデルは中古相場がかなり安くなっており、2,500円ぐらいで買えます。

LGL22は使ってみた印象としては性能はかなりよく、動きも軽快で3Dでなければゲームアプリもサクサク動かせます。

古い機種ですが当時は高スペック機種だったのではないかと思います。

しかもジャイロスコープも入っていますのでDMMとかで購入したVR動画も見れてしまうのです。

古いモデルなのでバッテリーが劣化している可能性がありますが、そこが問題ない個体が手に入ればゲーム用に使えます。

ただしこのLGL22ですが、Androidバージョンがリリース時に4.2で、その後メーカーのアップデートで4.4になった機種なのでその点にも注意が必要です。

中古で入手したLGL22がアンドロイドバージョン4.2の場合はモンストもパズドラもできません。

リセマラしたいアプリがインストールできないかもしれません。

この機種に限らずヤフオクやメルカリでゲーム用の端末を買うときは、出品者にOSバージョンを確認するようにしましょう。

リセマラしたいゲームの動作環境を確認して、使えるようならリセマラ用端末として活躍してくれるはずです。

コメント