【ドラクエタクト】闘技場のバトルシステムは?オートで対戦できる?

ドラクエタクトの闘技場でランク昇格 ドラクエタクト

ドラクエタクトでプレイヤー同士で対戦できる闘技場がオープンしましたね。

闘技場のバトルシステムはどうなっているのか?オートで対戦できるのか?など気になるところがたくさん。

どんな感じなのか、早速遊んでみた感想です!

ドラクエタクトの闘技場とは?

闘技場はドラクエタクトの対人戦コンテンツで、いわゆるアリーナですね

育てたモンスターで他のプレイヤーと対戦することができるというコンテンツ。闘技場へはホーム画面の下に並んでいるメニューから移動できますね。

リリースからしばらくの間は闘技場に入れませんでしたが、ついにオープン!2020年9月18日〜24日はプレオープンということなので、オープンベータテストのようなものだと思います。

このプレオープンは誰でも遊べますので、大きな問題がなければ近日中に正式オープンするという流れだと思います。

ドラクエタクトはリリース後1ヶ月ほどで1000万ダウンロードされている人気アプリなので、闘技場も盛り上がりそうですね。

ドラクエタクトの闘技場の仕組み

ドラクエタクトはシミュレーションRPGなので、闘技場のバトルシステムは気になるところ。

個人的には、画面越しに他のプレイヤーとリアルタイムで対戦するのか?というところが気になっていました。

完全オートでプレイ可能

ということで実際に闘技場を遊んでみましたが、完全オートでプレイ可能でした!

バトルシステムはドラクエタクトの普段のクエストと全く同じですね。

他のプレイヤーが育成して実際に所持しているパーティと対戦するのですが、対戦相手は完全にCPU操作です。

なので、闘技場に慣れてきたら日課としてフルオートで挑戦回数をこなすということもできますね。

じっくりマニュアル操作もできる

闘技場では他のプレイヤーとリアルタイムで画面越しに対戦するわけではないので、時間をかけてマニュアル操作でバトルすることもできます。

長考すると相手を待たせてしまうという心配はありません。

報酬が豪華なので、時間があるときはじっくりマニュアルで進めるのもよいですね。

ガチャ産の強いモンスターと対戦できる!

他のプレイヤーのパーティと対戦なので、相手パーティーには竜王やゴッドライダー、ジュリアンテなど普段は戦わない相手が登場しますね。

ガチャ産の強力なモンスターで構成されたオールスタードリームチームみたいなのと対戦できます。これがかなり楽しいですね。

ドラクエタクトの闘技場でゴッドライダーと対戦

闘技場の報酬は2種類あって豪華

ドラクエタクトの闘技場は1日5回まで対戦できますが、がんばって順位を上げていけば報酬がもらえますね。

ランキング報酬と階級報酬の2種類がありまが、けっこう豪華ですね。

階級報酬

まず階級報酬は、勝利ポイントを獲得することでブロンズ3、ブロンズ2、ブロンズ1、シルバー4…というように階級が上がったきに獲得できる報酬ですね。

スカウト券とジェム、スタミナ草がもらえますので、闘技場を進めることでさらに手持ちのチームを育成しやすくなりそうです。

個人的によいと思ったのは、ランクが昇格する条件が累計の勝利ポイント数になっているところです。

累計なので勝率が悪くても時間をかければランクアップできますし、階級の降格がなさそうなのが安心です。

ドラクエタクトの闘技場でランク昇格

ランキング報酬

ランキング報酬は自分の順位に応じてもらえる報酬だと思われますが、プレオープン期間はまだもらえないみたいですね。

期間中に獲得している勝利ポイントの合計でランキングなのでしょうか…?

もしそうなら、上位プレイヤーがどんなケタ違いの数値を出すのか、かなり楽しみですね。

闘技場の挑戦回数を回復する方法は?

そして重要なポイントが、闘技場に挑戦できる回数は1日5回までというところ。

いまのところ、この挑戦回数を回復する方法はなさそうです。

1回のバトルが貴重なので、順位アップを目指すならじっくりと考えて慎重に戦うことになりそうですね。

闘技場でドラクエタクトがさらに楽しく

ということで実際にドラクエタクトの闘技場を遊んでみると、やはり普段とは違った新鮮さがありました。

竜王やスライムエンペラー、ジュリアンテ、ゴッドライダーなどのドリームチームと対戦できるのは楽しいです。

完全オートで進めることもできるので、忙しいときも気軽に挑戦できるのもよいですね。

ランキング報酬付きの闘技場正式オープンを楽しみに待ちたいと思います。

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

コメント